摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

皮膚病と自傷癖。強迫性障害かもしれない話

calendar

最近の御言葉で、「神様を信じているのに、過度に心配する人が多いです。」ということを聞き、「主に委ねなさい」という答えをもらった。

私は両親の遺伝なのか、幼少の頃から虚弱体質で、病気とはお友達だった。
体に色々な悩みを抱えていて、ここなら健康!というところが「鼻」しかない。鼻は普通の人より何倍もいい自信ある。めっちゃ匂いわかる。
今日、ネットで皮膚病のことを調べていると、私的に驚くべきある記事にたどり着いた。

「自傷皮膚症」

聞いたことない。強迫性障害(強迫観念)のひとつだそうだ。

 
・・・ちょっとここから皮膚の汚い話しますよ。
御言葉を聞いて”時”だと思ったから恥ずかしいけど話そうかと。

皮膚を自傷するようになった経緯

私はうなじ〜背中にかけてや胸の周り、二の腕の皮膚がボロボロでとても醜い。だから背中の開いた服は絶対きれず、少しでも首回りの広い服は着ないように注意している。
人と温泉に行くときも、背中を見せないようにして注意している。
何故こうなってしまったのかというと、小さい頃アトピーで全身が痒くて掻きむしっていた。
それから、思春期になって顔や背中にニキビができて潰したり掻いたりしているうちに、それがさらに癖になってしまった。
皮膚をむしるのが癖になり、だんだんとやめられなくなり、鏡が気になり、背中が気になり、悪化するとわかっていながらもずっと掻きむしる。そして時間を潰す。
そうしないとなんだかスッキリしなくて、10代の頃には習慣になってしまった。
皮膚科の先生にも「なんでこうなったの・・・」とびっくりされる始末。とにかくゴシゴシ洗わないで、と薬と助言をもらっただけだった。
ニキビも何をやってもダメで、「患部に触らないで」とわかっていながら、血が出るまでむしる。そしてスッキリしたあと自己嫌悪の悪循環。

 
この全身の皮膚が、私は非常にコンプレックスになってしまった。自業自得だからなおさらだ。
化粧は厚塗りで、とにかく掻きむしった後を隠す。

これがただの癖と20年以上思っていたが、聖霊の感動で「自傷」なんだと知るようになった。
ちゃんと病名があったなんて。。。。
しかも、強迫性障害なんて。。。
自傷だなんて。。。

以前から気付いていた自分の強迫観念

自分の強迫性障害は結構前から別の形で自覚していた。
例えば、旅行で家から出る時「コンセントから発火して火事になってしまわないか」を心配し、コードを全部抜いて、布製品から離した状態で出かける。
また、水道の蛇口やガスがちゃんと最後まで止められてなくて漏れてたりしたらどうしようと、ドアの鍵をかけたのにまた確認しに行く。それも毎回なのだ。

これは笑い話だけど、「電気心配ならブレーカー落としていけばいいじゃん!」と思って落として帰省したら新幹線の中で「冷蔵庫ーーー!!」と絶望したことがあったw
幸いにも冬だったので食品は無事だったww

あと、夜に道を歩く時、乗り物に乗るとき、外出時に悪い人に出会わないか非常に神経質になって、必ず祈って出かける。
バスや車に乗って(人の運転で)坂を下るときにブレーキが効かなくなって事故ってしまうんじゃないかとなぜか緊張する。
でも飛行機はなぜか平気。。。4輪のものだけなの。。。

人に接するときも、「この人は私のことが嫌い」と決めつけていた節があった。(これは摂理に来てから癒された)

そんな意味もない過度な不安や心配に神経をすり減らし、ストレスを溜めていた。

自傷癖と強迫性障害を癒すには

几帳面で神経質な人に起こりやすい障害。
メンタル面から治療していくのがいいと記事にはあった。
私は御言葉を聞いて、自分の自覚していなかった症状に気づき、自分と向き合い、漠然とした不安を天と共に解決して行くことができる幸いな人だとわかった。
まずは自分の障害を認めることが大事だと悟った。

主に委ねなさい。神様に経緯を話してみなさい。

(鄭明析牧師の御言葉より)

この言葉が祝福。
自分は神様を信じていながら、自分中心の考えで不安になり、勝手にストレスをためる人生を送ってきたのだ。
そして、結果として皮膚をむしったり、家の中を何度も確かめたりというおかしな行動をしていた。
神様の御心を正しく知らないから、無駄なことに時間を使い、自分の心身を傷つけていたのだ。
不安や心配は全て主に委ねて、自分が本来すべきことをする。こういうシンプルな考えと生活でいいのだ。

 

皮膚病は新しい皮膚が生成されるまで時間がかかるので、ゆっくり祈りながら直していこうと思う。
医学も頼りながら、精神も身体も必ず治ると信じて。

今度また月明洞に行ったら薬水全身に浴びてくるか(゚∀゚)

——————
参考記事

厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」
オトナンサー

 
ランキング参加中!