摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

美大に行きたい中高生!進路の悩み、摂理の美術人がまとめてみた。その②

calendar

reload

美大に行きたい中高生!進路の悩み、摂理の美術人がまとめてみた。その②

第2回は、自分自身の問題。これが結構悩みどころじゃないかな。

画力が足りない、才能がないと思う

絵を描くのは好きですか?
クリエイティブに一番の幸せを感じますか?
美大で学びたいと思うのはどうしてですか?
どれぐらい本気ですか?
・・・いろんな質問を自分に問いかけてみてほしい。

全国・世界で活躍したる!!と思う人は当然狭き門を目指して努力するだろう。卒業するかどうかは別だけど;

 
画力や才能というのは、神様がくださったものもある。それを残酷だと思うかどうかはあなた次第(笑)
他の個性を下さっていることもあるから、神様に聞いてみてね。

<持って生まれるもの>+<努力と開発>だ。
(鄭明析牧師の明け方の御言葉より)

どんな才能でも、努力しないと開発されない。努力した人はメキメキ上達する。
あきらめずに予備校でビシバシされてね~
人と比べてはいけない。人と比べ始めた途端、落胆して諦め、嫉妬し、自己嫌悪に陥る。
どんなに順位つけられても、これは自分との戦いだ。自分の将来との一対一の戦いなのだ。

作家の夢を持ってる人は当然、あきらめないで!!どんなクリエイターも最初は素人。

 
美大に行きたいといっても、いろんな専攻がある。
ファイン系にこだわらなくても、将来クリエイティブ系に就きたい、社会を動かしたいという人は、もっと視野を広げて探してみてほしい。
道はどう通じているか天のみぞ知る。

 
ちなみに私は、目の前のあこがれで単純に「絵が描きたい、絵なら熱中できるものだ」という理由で日本画専攻の受験をした。受験対策で必死で、画力が無くて死にそうだったww

しかし、途中から美術の先生が「デザイン系の方に進んだ方が、Minoriさんの性格と気質に合っているのでは?」とアドバイスを受け(今思えば天の啓示!)、デザイン系の学部に進むことに。

そこでは絵も描くし、スキルも学ぶ時間も沢山あったし、社会性も身につけられ、とにかく自由にできること挑戦していけたため、今こうして仕事してるわけだ。天のいい導きだった。将来を見据えて、聖三位が人を通して導いてくださったとしか言いようがない。

絵も普段描いてるし、学生の頃は個展やグッズの販売もした。今もしてるよ。

才能がないと落胆したことはない。もっといい道、自分にとってピッタリな道に行けたのでラッキー!

各自<持って生まれたもの>を見つけ、開発しなさい!
(鄭明析牧師の明け方の御言葉より)

人生は、ただひたすら神様、聖霊様、御子にゆだねるのが鉄則☆