摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

摂理は宗教だけど、金太郎飴化しない

calendar

ここ数年で、若者の量産型化や無個性ファッションが取り上げられるようになった。

一昨年はノームコアが話題になったが、去年あたりからそれに反発するかのように派手めなスタイルが流行りだした。まあ、流行りは流行りであって、みんなそれを着れば無個性と同じだ。

 

個性ってなんだろうと考える人は多い。
また、芸術系の若者は個性を求める傾向にあるため、洗脳されるとか、一定の考えを押し付けられる(イメージの)宗教は毛嫌いする。
宗教は、日本では一般的にイメージ悪いよね。過去色々あったし…
教祖の教えを押し付けられて金太郎飴みたいにされる、ロボットみたいにされるってイメージかしら。

 

摂理に来てみると、若者が多い。
また、芸術系(音楽、美術など)、アスリート系の人たちがわりと勢力拡大中。個性に合わせてなかなかやりおる!( ゚д゚)
舞台の衣装とかは揃えたりするが、金太郎飴みたいになることは決してない。

 

そもそも考えが違うし、意見も違う。

 

じゃあ摂理にいる人は、なにが共通点なのかといえば、御言葉から学ぶ精神と実践。
困難を超えること、聖三位を愛して人を愛すること、主を証すること…
しかも、それらも一人一人すべて個性的。(だから他の人の証聞いてると面白い)

 

金太郎飴化は絶対的になり得ないし、今後もあり得ない。個性を潰すということは、神様の御心に反する。
もしそんなことになったら私摂理から出ていくよ。

 

私は摂理にいて、一番居心地がいい。もやっとしていた自分の良さや個性もはっきりした。
型にはまらない生き方というか。自由人にとっては、とてもいい場所だ。

 

あなたは今、自由人?

 

よろしければポチッと。