摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

描き続けてこそ次元が上がる

calendar

reload

描き続けてこそ次元が上がる

絵が上手くなりたい。
絵でしっかり伝えたいことを伝えたい。

摂理に来る前から、現在の自分ではあまりにも足りなくて、自分の画力と才能に失望する時が多かった。
失望しては、他の人を見てジェラシーを感じ、「どうせだめだ」と自分の殻に閉じこもることもあった。

近頃、摂理では実践の御言葉がどんどん伝えられている。
実践してこそ自分の悩みや問題が解決する。
実践してこそ次の次元へ上がることができる。
実践してこそ得るべきものを得る。
・・・実践祭り開催中だ。

そうだ、いくら考えていても、描きまくらなければ良い作品なんてできない。
言葉ではなく実践だ。
この体を動かしてこそ得たいものを得られる。
・・・これがスピリチュアルな、新興宗教的な言葉だろうか。摂理の御言葉は非常に現実的だ。

言葉ではなく、鄭明析先生は実際おこなってきた。机上の理論ではなく、彼がおこなってきた事だけが伝えられた。
おこなってきて得た聖三位の精神。

私もその精神を学べることがありがたい。
でも、自分がやらなければ、やっぱり成功哲学や理論で終わる。
頭でだけ哲学をしてもしょうがないのだ。

今、行わなければ。
描かなければ。
そうしてこそ、次元が上がる。

というわけで、絵がしがし描いてます。描いたらアップします^^
足りなくても、行いたい。

よろしければポチッと。