摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

「沈黙ーSilenceー」を観てきた

calendar

reload

「沈黙ーSilenceー」を観てきた

久しぶりに!映画館に行ってきた。
もう上映終わってしまうから今日みたい!だれか行かない!?と摂理の女性の先輩に誘われ、せっかくの機会だし〜と思って。

 

以下、ネタバレ入るので、DVDとかで観たい方はスルーだよ!
とってもオススメな映画だった。信仰者としていろいろ考えさせられる。
日本のキリシタン弾圧の過酷さを描いただけでとどまらない、いい作品。

キリシタン迫害が激化した日本に、恩師となる神父を探しに行った司祭の話。
捕らえられた中で、最後は棄教という選択を迫られるが・・・

 

以下ネタバレ↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーー

あくまで私自身の考察。

 

パードレ(司祭)が五島に行って村人達から十字架や数珠をくれくれとねだられてたとき、「物をみて信じる信仰は危険だ」と心で言ってたところがが伏線かなと。個人的に。

 
棄教した神父と再会したとき、「ザビエルは人々に神を教える時、神を”大日”と言った」と言った。
つまり日本は、創造主という概念がなかったから、”目に見えるもの”を通してしか神を信じることが出来なかったのだろう。
十字架、聖画、神父や司祭など。本当の意味で正しく主をわからなかったのかも。
見えるものを信じる次元の信仰の前に、「踏み絵」という難題を突きつけられた。

 

司祭が最終的に棄教を迫られて踏み絵を目の前に置かれたシーン、主の「踏みなさい。沈黙していたのではなく、私はあなたといつも共にいた」(←うろ覚え;)という啓示を聞いてカタチ上「棄教」という選択をしたが、そこからラストまでは、「信仰は見えるカタチでするものではなく、精神が根本だ」というメッセージを感じた。
 

たぶんだけど、棄教した神父も心ではずっと信じてたのかもしんない!否定してたけど!ツンデレ!?w

 
・・・よくよく考えると私も「主の顔を踏め」とか「十字架に唾を吐け」とか言われたらできないよなぁ・・・と思う;

 
イノウエさまと通訳係の人は、原作ではもともとクリスチャンで、棄教した人物らしいね。という情報をメンバーに聞いた。

 
あと、キチジローは、何度も何度も罪を犯すけど赦してもらうためにパードレについて回って信仰を守ったから、私は本当に強い人だなと思ったよ。普通じゃできないよね。
パードレを、ユダのように役人に銀と引き換えに売り飛ばしてしまうけど、ユダと違ったのは、それでもパードレについて回り、赦しを乞うところ。

キチジローは不思議なキャラだったけど、自分のことと重ねて見えてしまった〜〜〜;;;笑
生活の中でちょくちょく罪を犯したりして、悔い改めながら、御言葉を行いながら、それでも主が好きでついて回ってるってゆう自分なう笑
 

この映画、一回見ただけでは汲み取れない内容や心情もたくさんあったはず。

 
・・・で、ここからは技術的な話。

海外監督によくある”なんちゃって日本”じゃなかった!ちゃんと日本だった!笑
で、共に見に行った、映像学んでたメンバー曰く、「カメラワークが海外の監督らしかった。日本人の監督はあーゆー撮りかたしない」とのこと。たしかにダイナミックだった。
(そしてマネキンおえってなった;ごめん;きもち悪いのほんと苦手で;でもマネキンだし;;)

そして、心情を印象付ける自然万物のメタファーがとても良かったことと、聖書の内容知っている人ならわかる状況表現や効果が適切に使われていて良かった。
しかしトカゲがCGすぎて一瞬萎えたw
 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ネタバレ感想ここまで!トカゲの話で終わってごめん!ww

いろんな感想があり、千差万別だけれど、私はこう思ったって話でした。
悟ったことを糧に、もっと次元をあげて信仰生活していこう〜^^

 

よろしけれぱぽちっと。