摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

自分が好きなことと神様が願うことは違うのか

calendar

reload

自分が好きなことと神様が願うことは違うのか

摂理の御言葉を聞きはじめた、まだ若かった頃(今でも若いけど)。

自分のしたいことはたくさんあった。
こういう絵を描きたい、こういう場所に行きたい、こういうものが欲しい。
しかし、神様にぜんぶ止められる気がして怖かった。
 
だから、なんだか退屈で、御言葉は好きなのに自分の心がついていかなくて葛藤した。
自分で選んで摂理に来たのに、へんな矛盾があった。周りに馴染めない。
「こういう風にしてるのは本当の自分じゃない」感でいっぱいで。

私はあれが好きなのに。
私はこれがしたいのに。

教会ではみんなこうしている、ああしている。
私みたいに肉的な人いない。

さすがにもう一度酒飲みたいなんてこれっぽっちも思わなかったがw
カラオケ行きたいなぁ〜邦ロックが好きだ
好きな本読みたい、小説や綺麗な建築の写真集たくさん欲しい
美術館行きたい
映画見たい
もっと優雅でおしゃれな生活したい・・・
旅行に行っていろんなところ見たい・・・
絵を描くことも、こういう絵なら御言葉にあってるかなとか考えてしまう。
今まで描いてきた描き方も、とりあえず全部捨てた。私はどうすればいいのか。

社会で仮面をかぶって生きていくのが嫌で、自分を解放してあげたくて御言葉を聞いたのに、なぜか別の意味で縛られている感じがした。
なぜだろう、そんなはずはないと思って、祈ってみた。

結局、自分を縛っていたのは神様じゃなくて、自分自身の間違った考えだった。
極度に人を気にする考えや、「こうしてはいけない」など、律法みたいな命令されているような考え。
それこそ、カルト宗教?自分でつくって自分でハマってる!?ww
別に誰も「おしゃれな生活するな」とか止めてないしww

 
神様が願うことは、私という人間の考えとは違ってもっと大きくて、もっとたくさんのものを得られて雄大なのに、委ねればいいのに、それを拒んで自分の殻に閉じこもっていただけだった。
私が願う「あれしたい、これしたい」は、神様の考えから見ると「あくびしたい、トイレ行きたい」ぐらいのレベルだと気付いた。
 

鄭明析先生がよく教えてくれる。
「神様の願いをして差し上げるなら、そのなかに自分の願う全てのことが入っている。」

 

実際、私は、上記で書いたことほとんど得ている。
賛美もロック系の結構でてるしね〜
本は結構買って研究している。
映画はこの前、メンバーの姉さんと見て来た!
プチ旅行なら摂理の人ならしょっちゅう。海外に行く人もたくさんいる。月明洞もすてきだよ。韓国でたらふく美味しいものたべれるよ。
ここ数年はインテリアや食器に凝ってるよ。
絵を描くことも、やっぱり自分に合った道具と描き方で今は落ち着いている。
漫画絵やアニメテイストの絵だってじゃんじゃん描く。
 

ほんっとに自由になった。
だけど、人生においてなんの不安も焦燥感もない。
神様が願うことをわかって、その目的に向かっていく途中、神様はたくさんのプレゼントを道に置いててくださった。

 
もし今、摂理の御言葉を聞いていて、自分のやりたいこととの葛藤がある人がいるならば、神様に聞いてごらん。
絶対にあなたを不幸にはさせない。
絶対に得るべきものすべてを得させてくれる方だ。

 

ランキング参加中!