摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

めざせスマホ撮りマスター!基礎編①

calendar

どこのカフェに行っても食べる前は「パシャ」。インスタにアップ。ツイッターでつぶやいてからいただきます。
こういう光景、飲食店あるあるになってきた。

「上手く撮れない〜」
何度も何度も撮り直し。
あらあら、料理が冷めちゃうよ。
 

そんなあなたに簡単、スマホで撮影講座。
第一回は、仕事で料理写真を撮りまくっているMinori氏だよ。第何回でもMinori氏なんだけども。
 

今日は超基本、光の向きについておべんきょして、意識するようにしましょう!
光で写真のすべてが左右されると言っても過言ではない。

正面からの光が順光、サイドからの光をサイド光、影の方は逆光。


 

1、順光


わかりやすく、対象を写すときに。商品写真や、記録用の写真に。
なにか演出をしたい写真には不向き。味気のない写真になる。

 

2、サイド光


ドラマチックに撮りたいときに便利。また、対象の立体感を出したいときなど。
光の強さによって雰囲気が変わる。
サイド光と順光の間から斜めに影をつけるのは「斜光」という。

 

3、逆光


対象をわかりやすく撮るというよりは、対象のシルエットに注目させたいときや、奥から注ぐ光源に注目を集めたいときなどに使う。

 

今日はここまで!
ちょっとずつ覚えていきましょう〜

 
ランキング参加中!