摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

デザインにおいて無知すぎたこと

calendar

reload

デザインにおいて無知すぎたこと

すべてのものごとのおいて、基本と言うものがある。
それは理論であり、実践してこそ身につく。

私はずっとグラフィックデザインをしてきたけれど、あまりにも自分が無知であることを仕事を通して痛感している。
知っているつもりでいた事、身についていたつもりだったこと、感覚的にしてしまっていたこと・・・

 

仕事のなかで教わるたびに、知った感動を覚えつつ、無知を嘆くしかない。

 

御言葉でも、「無知から抜け出しなさい」「考えの次元を上げなさい」とたくさん聞く。デザインを学ぶように、人生もそのようにそうだ。
・・・しかしながら、「教えて貰う」というのは、なんとありがたい事なんだろう。「教えてくれる人がいる」というのはなんて幸せな事なんだろう。

無味乾燥な人生から、摂理の御言葉で抜け出すようにさせてくれた聖三位に感謝するしかない。
そして、御言葉を伝えてくれた鄭明析先生にも。

デザイナーとしての次元も高めながら、摂理人生、聖三位の目的の通りに次元を上げて生きていきたい。

初めは下手でも、行なっているうちにだんだんと有能にできるようになる。
(鄭明析牧師の明け方の御言葉より@マンデー

よろしければぽちっと!