摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

いつの間にか笑いジワができていた

calendar

仕事が忙しく、そしてブラックに近いグレーな会社なため、心身ともに少し落ち込んでいた。
職場は、罵声が飛び交うこともあるし、私も他の社員もしょっちゅう理不尽なことで怒られる。
モラハラ、パワハラ、セクハラ?そんな概念はこの会社はないのだな・・・と諦めてw 環境を治めることを御言葉で学び、実践する場を天は与えてくださった。
 

「Minoriさんは本当に明るいね」
「そうやって前向きに考えられるのがすごい」

私がすごいんじゃなくて。私を教えてくれた先生がすごいんだってば。とギリギリまで言葉出かかる。
「私は摂理の人だ!」と堂々と言えるようになる時を待ちたい。
うむ、やはり、御言葉ってすごい。
御言葉は、すべて実践した条件で神様が下さるものだ。

 
ここ最近、特に仕事が厳しい局面になり、心が少し疲れていた。
しかし、先日ふと鏡を見たら、目元に笑い皺ができていた。
 
「あれ、、私、笑ってたんだ。」
 

その時気付いた。
私はこんな状況でも、笑っていたんだ。
他愛もない話をしたり、冗談を言ったりしながら、職場で笑いながら仕事をしていた。
「辛い」と思っているときは、人はぜんぜん笑ったりできない。
主が、私に環境を治め、自分を治め、行うべきことを行えるように導いてくださった。人を通しても助けてくださった。
 

「どんな時でも神様に感謝しなさい。喜びなさい。」

この御言葉、私は摂理に来たばかりの時は理解できなかった。
でも、今は理解できる。いつの間にか実践している。
本当に変化したと言わざるを得ない。

 
今の会社でどれぐらい働くのか、それは全て神様の采配次第だけれど、今与えられた地で最善を尽くして行おうと思う。

<考え>で「行ない」が出てくるようになり、
<行ない>によって「魂」も「霊」も変化する。

(鄭明析牧師の明け方の御言葉より)

よい時だけ貴重に生きたら損だ。
大変でつらい時も、
自分の生を貴重に生きなければならない。

(鄭明析牧師の明け方の御言葉より)

・・・シワはとりあえずない方がいいから改善策を検討中。
先生がシワは伸ばせば治るって御言葉の中で言ってたなぁ。

 
ランキング参加中!