摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

空気のような存在さえも、いつの間にか作られたものはなにも無い

calendar

この前、カフェで自分の仕事の話をしている時に出てきたメニュー表。

私「例えば、こういうものとかも仕事で作るんだよー。」

相手「えー!これも人の手で作られているんですねー!!」

私「・・・!!!??」

 
その相手は、「どうやって作ってるの!?」という意味と、「今まで意識してなかった!」という2つの意味でそういう反応をした。
確かにデザインをしない人にとって、その作られた過程が未知の世界だから、どこかで錬成されたかのごとく考えてしまうのかもしれない。

 
私は仕事柄、いろんな印刷物に目がいくが、一般の人にとっては空気のような当たり前の存在。
郵便受けには毎日いろんなチラシが入ってるし、飲食店に行けばメニュー表が差し出され、ドラッグストアではたくさんの販促POPが並ぶ。
当たり前にある光景で、空気のような存在。しかし、無くてはならない存在。私はそういうものを毎日作って食わせてもらっている。

 
私たちの周りには、一つとして、錬金術のように自動生成されたものは何もない。
目の前にいつの間にかコップができていた・・・ホラーどころじゃない。ほん怖の番組よりも怖い話になっちゃう。
誰かが意図的に置かないと、もしくは作らないと存在しない。

そして、この自然、人間。何一つとして自動的になんとなくできたものは何一つない。
なんとなく作られて、こんなに精密に美しく出来上がるだろうか。
聖書には文字で神が人を云々書いてあるが、モノを作っていると、この”真理”を認めるしか無いのだ。

 
私たちは、宇宙を作ったことがないから、創られたものだとわからない。全てを初めから作ったことがない。”発見しただけ”だ。
全てのものには神様の目的と意図があって創られる。意図がなければ創られない。摂理の「創造目的」の話でも聞いてみてね、一番わかりやすいとおもいます〜

<神様の目的>を一緒に行いなさい。
そうすれば「人間として最高の目的」を成す。
(鄭明析牧師の明け方の御言葉より)

神様はすべて極地のスリルを感じるように創造しておかれたので、
行ないつつ感じ、喜びと希望を享受しなさい。
(鄭明析牧師の明け方の御言葉より)

・・・ぶっ飛んだ箴言だな。スリルってw

 
ちなみに、グラフィックデザインはアドビ製品の「イラストレーター」「フォトショップ」「インデザイン」などを駆使して作られています。
ちなみに、神様の創造したものはすべて「御言葉」で創られて運行されています。

 
わからないよね〜私たち人間には。

 
ランキング参加中!