摂理の彩り〜芸術と信仰生活〜

摂理で絵を描いてるMinoriの日記帳。芸術関連の備忘録。

世界一おしゃれなライフスタイル誌「Kinfolk(キンフォーク)」

calendar

アメリカ・ポートランド発のライフスタイル誌が今注目されている。
名前は「Kinfolk(キンフォーク)」。

食や暮らしの少し哲学的な記事、美しいエディトリアルデザインと写真が魅力的。

 

Minoriも日本語版を買ってみた!
写真は先月号。

 
とにかく、写真と文字組みが美しい。
紙の質感も好き。
本当にこれ雑誌!?と疑うような、こだわり抜かれたデザインに感動。

内容は、何かの商品や店の紹介は無く、広告もほぼ無い。
活字を読むのが苦手な人にはつまらないかもしれない。
寝る前にお茶でも飲みながら、少し時間をかけて読み進めていく。そんな雑誌。
 

日本のライフスタイル誌は、「外側」つまり、モノ(商品)や、自分の魅せ方とか、着飾ることとか、時短レシピとか、レジャーとか、そんな風なものが多い。
経済に直結したものが多いというか。
本来ならば、ライフスタイル=どう生きるか、どう考えるか、どう行うか・・・そのような「内側」にフォーカスを当てるべきものだと思う。

 
哲学をもった生き方をする人はどれぐらいいるのか。
ただおしゃれだから、かっこいいからとか、好きだからとか、そういう外側だけ飾った生き方は、いつかどこかで歪みが生じる。
「自分はこう生きたい」と、はっきりとした芯を持った人がたくさんいれば、少し世の中変わってくるんじゃ?とMinoriは思のであった。

<外側>は美しいけれども<内側>は違う。<外から見るの>と<内側>とは違う。スイカも外側だけ見て分かるか。内側を見てはじめて分かる。<外側>はみずみずしくても<内側>は腐ったものがある。だから確認しなさい。内側が腐っているなら、背を向けなさい。
(鄭明析牧師の主日の御言葉)

 
WEBもおしゃれだから、英語読める人は要チェック!
HPはこちら→Kinfolk 

 
ランキング参加中!